タグ別アーカイブ: 少年漫画

唯一購入したヤンキー漫画『今日から俺は!!』

ヤンキー漫画は抵抗があり、周りの友人たちがどれだけ盛り上がっていても何が面白いのか全く分かりませんでした。

元々、好きなジャンルがエロ系なんで、オレンジピールズ 漫画みたいなエロ漫画の方が好みだったりします。

オレンジピールズのようにかわいい系の絵柄が好きなんですが、この作者が描く妖怪ウェッチは、人魚×少年のおねショタエロだけど、最後は人魚が卵を産むために少年の方のお尻を犯してしまうと言う、予想外な展開が好みでした。

そのため今まで一度もそのジャンルに足を踏み入れたことがなかったのですが、唯一『今日から俺は!!』だけはドはまりしてしまいました。

きっかけはどこかの飲食店でたまたまおいてあったのをちらっと読んだことだったのですがそれだけですっかり夢中になってしまい、次の休みにまとめ買いするほどでした。

とにかく主人公の三橋と相棒の伊藤、そしてライバルの今井と谷川が大好きでその4人のやり取りに毎回笑わせてもらいました。

一番好きなのは三橋が今井に騙された復讐として今井をある廃墟ビルに閉じ込めて今井にバナナの皮や革靴を食べさせる回なのですがそのシーンを初めて見たときは笑いすぎて息ができず死んでしまうかと思いました。

この漫画が好きすぎて、ラストみんなが卒業に近づいてくるときは自分のことのように切なくなって最終回の卒業式では号泣してしまいました。

未だに何度も読み返すほど大好きでこれから先にもこの漫画以外のヤンキー漫画は購入しないと思いますが私と同じようにあまりヤンキー漫画が得意でない方にも『今日から俺は!!』だけはオススメなので見てほしいと思います。

サイボーグ009は傑作

石ノ森章太郎お得意の悪の組織の裏切り者(超人)が、人知れず人類のために戦うという話です。

仮面ライダーなんかと同じよう作りの作品ですが、石ノ森章太郎が世界一周してて経験したことをもとに作ったということで、スケールがでかくて夢中で読めます。

超能力、飛行能力、レーダー、火を吐く、変身能力、水中能力、加速装置、全身武器、鋼の体、といった機械部分と、もともと人間の時に持っていた、レーサー能力、演技力、生き物の言葉がわかるといった能力など長所を組み合わせて、自分たちより強い悪の組織に立ち向かっていくという部分が最高に素敵です。

また、自分が好きなのは、機械の部分についての葛藤。

戦いや生き残るのに役立つ反面、機械と同化した自分たちは人間であるのかといった葛藤が繰り返し描かれていて、考えさせられます。

作者は違いますが、人間+○○による葛藤という同じテーマを持つデビルマンとコラボしたデビルマンVSサイボーグ009といった映画にもなっていて、これも名作です。

男性におすすめエロ同人誌
エロ漫画 ひぐま屋のもしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったら。

エロいサービスをしてくれる銭湯を描いたオリジナル同人誌。むっちり巨乳の童顔熟女な女将がエロかわいくて最高な作品です。

サンプル画像の無料立ち読みもあるんで、好みに合うなら要チェック。

不良だけど悪い奴じゃない湘南純愛組

主人公のダンマリュウジとオニヅカエイキチは同じ学校に通っていて二人は喧嘩がものすごく強い。

二人の名前は他校にも他県にも轟くくらいに有名になって二人のことを通称鬼爆コンビと呼んでいた。

二人はいろんな暴走族から喧嘩を売られたりして常に喧嘩ばかりする日々だった。

そんな二人には向かうところ敵なしでこの二人が現れたら二人に勝てる相手はいないくらいの強さ。

反則なくらい強かった。

そんな二人は純粋で別に悪いことをするよな人でもないし、仲間のためや守るために喧嘩になってしまうだけで純粋な二人組。

学校の先生のことを好きになったダンマリュウジはなるべく喧嘩をしないようにしていたけどオニヅカエイキチが誰かにやられるとその時ばかりは黙ってられずに自分から殴り込みにいってしまうほど友情深い人物。

卒業したら先生と一緒になることを約束していた。

つい最近、アダルトコミックの睡姦エロ漫画、おやすみストレンジャー 無料立ち読みしてみました。

寝ている女の子に部屋に忍び込んで睡眠姦すると言うシチュエーションのエロさに大興奮です。

ドラゴンクエストダイの大冒険はドラクエ初期の集大成PLUSα

少年ジャンプで連載されていた「ダイの大冒険」この漫画はドラクエ1~4をクリアしてる人なら絶対ニヤリとする場面が多いしアニメ版は竜騎士バランのとこで終わりますが、うまくまとめられています。

しかしダイの大冒険を深く理解するならコミック全巻読むのをオススメします。

クロコダイン、ヒュンケル、ラーハルト、ヒムなど敵だった相手が勇者ダイらの輝かしい人間力にほだされて味方になるシーンはどれも熱いし感動しまくりです。

ゲームドラクエにはない必殺技が多く登場するのも特徴です。

本当にダイの大冒険オリジナル必殺技や必殺魔法の数々に驚きます。しかしドラクエらしさは随所に見られ素晴らしいバランス力です。

少年ジャンプ全盛期だけにジャンプの良さ?友情、奇跡の逆転、改心、修行して強くなる、まさかのコラボなどの概念が最後まで続き、ゲームよりずっとハマるサクサク進むドラクエだと思います。

アバン先生はイチオシキャラだと私は思います。彼から多く学べます。

男性におすすめのH漫画。

濡れ透けjkその後は、バス停でレイプされたJKのその後の話。

ねむのやの同人誌で、濡れ透けJK雨宿りレイプってのがあったんですが、それの続きになる作品です。

一応、その後だけでも読める内容になっているんで、巨乳JKが好きな人は試し読みしてみてはどうでしょう。


林檎裁判

月光条例 新しいおとぎ話

「超」がつくひねくれ者を主人公に据えた新しいおとぎ話です。

「鉢かづき姫」「はだかの王様」「3匹のこぶた」「一寸法師」「シンデレラ」などの登場人物が月の光によって暴走してしまうのだが……それによっておとぎ話では決して描かれることのない登場人物の苦悩や悲しみが語られ、おとぎ話に今までなかった視点が生まれる。

たとえば、シンデレラの「王子様なんて、お城の舞踏会でたったの一度私とダンスしただけじゃない。それで私の何がわかるというの?もっと真剣に交際して、私の内面を見てから結婚ってなるのが流れじゃないの」的な発言にはしみじみするやらにんまりするやら。この作者のひねくれぶりが愉快です。
おとぎ話の登場人物って、ときとして優等生すぎて面白みがないというか、暖かみがないというか。

それがこの「月光条例」ではちゃんと血の通った人間として、人間くさい思いを持ったキャラとして語られる。

少年サンデー連載なんで、30過ぎのオッサンにはなかなか手が出ないかもしれませんが、なかなか面白かったです。孕ませ合法化 同人誌もレイプが合法化された世界というシチュエーションがエロ面白いですよ。

銀の匙 Silver Spoonの感想

銀の匙Silver Spoonの作者は、今日本の漫画界で漢(おとこ)を描かせたら日本一かもしれない。女性作家なんだけどね。
まあ、理想の女性像というのが男性にしか描けないのと似てるのかもしれない。

そんなことはどうでもいいが、しかし漫画から学習なんてする気のない私も読んでいて身につまされるところが多い作品だった。それでいて面白いというのがすごい。

この漫画じゃ畜産という産業をそれ以上ともそれ以下とも描写しようとしていない。ただその世界に携わる人々の日常を描いているだけです。

それでいて畜産の孕む問題とか人間が抱える葛藤がとてもわかりやすく、かつ説教臭くなることなく伝わってくるところに意味があると思います。

人間様の為に乳や肉を提供しなきゃいけない家畜に対して同情したりするのは傍から見てる人間にとっては自由です。

しかしそんな彼らを送り出す産業に携わる者達の感情や意思をまるで考えない人達が上から目線で可哀想だのどうだの言うというのは結構多いし、そういうのは前から鼻についていた。
人間が肉を食わなくなったってその内魚を食うようになるし、そのたびに人間の罪的なものを問うつもりか、とゲンナリしてきます。

今日、チンジャオ娘 無料 漫画を立ち読みしてみました。某有名私立大学ヤリサーの実態っていう人気の同人誌ですが、大学のテニスサークルってエロすぎますね。

面白いギャグ漫画・がんばれ酢めし疑獄!!

今までに買ったギャグ漫画の中でも、増田こうすけの『ギャグマンガ日和』と1,2を争う面白さです。(もっとも、私が今までに買ったギャグ漫画が『日和』とこの『酢めし』だけだから、必然と言えば必然である)

4コマ漫画を基本とした構成で、その姿勢は一言で言ってしまえば「シュール」です。
度を越したシュールさは読者を突き放すが、『酢めし』のそれは、見事に読者を引き込む。タイトルからしてキャッチーではないか。

また、いわゆる「あるあるネタ」も数多く盛り込まれている。
「シュールなギャグ」と「あるあるネタ」がタッグを組めば、もう怖いものなど何もない。FBIもKGBもどんとこいだ。

ギャグ漫画家は、つくづく尊敬されるべき人間だと思う。増田こうすけも施川ユウキも、私は尊敬しています。

一人でギャグを考えて、それに対する最良のツッコミも考えて、さらにそのギャグを引き立たせるような面白おかしい画を描かなければならない。

なんと孤独な戦いだろう。ひねもすモデルルームの看板を持って突っ立っているおっさんレベルの孤独感と寂寥感があります。

今日オススメの無料立ち読み漫画。
女子生徒達が全裸で学校の授業を受ける!はだかんぼ教育 漫画 無料立ち読みはこちら。

斉木楠雄のΨ難 ジャンプのギャグ漫画

『斉木楠雄のΨ難』は、誰もが一度は、読んだことのある、『週刊少年ジャンプ』にて現在も絶賛好評連載中であるギャグ漫画の一つです。

ジャンプは、ドラゴンボール、ワンピース等、定番バトル物と呼ばれている漫画が、印象に強いと思いますが、私は、ギャグ漫画のジャンルをジャンプについては、今現在、注目しています。

おそらく、ギャグ部門担当者のセンスが、頭一つ他誌より抜けていると思われます。漫画・『斉木楠雄のΨ難』に話を戻しますが、ざっくり言いますと、凄い能力を持ったエスパー少年が、数々の災難に巻き込まれていく人々を(自分自身含む)災難から、助ける!?ドツボにハマッていく姿をおもしろ、おかしく描いた作品です。

ベターなダジャレから、オチを読み手に、予測させからの一捻り。只々脱帽させられます。皆さまも暗い気持ちにさよならをされたい時には、この漫画を手に取って読んで観て下さい。

聖闘士星矢 熱血ファンタジックバトル漫画

聖闘士星矢はファンタジックなのに車田節炸裂しまくりな熱血ファンタジックバトル漫画です。

典型的な少年漫画なわけだけど、この漫画の魅力というのは、実にキャラクターが生き生きと描かれていて、読者が感情移入しやすい点にあると思います。

黄金の兄貴達なんか「こんな漢になりてぇ」と、誰もが憧れる漢の理想像をそれぞれが見事に体現していると思うし。敵キャラも実に人間味があって魅力的です。
僕は「最強の中間管理職」ラダマンティスがなんとなく好きなんです。

ただ、アイオロスを外伝という形でも良いのでもっと描いて欲しかったなぁと思います。
始まった時点で彼は故人だから伝説的な存在であるとはいえ、キャラクター像が今一つ掴めないんです。

冥王神話でも射手座は即退場させられてしまうし。実は射手座って蟹座以上に不遇なのかもしれないです。

ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE CLAMPの漫画

飛王・リードの「次空を自在に渡る力を手に入れる」野望を叶える為に、記憶を様々な次元に飛ばされてしまった玖楼国の姫・サクラ。

彼女の幼馴染で幼い頃の記憶の無い少年小狼とアシュラ王から逃げ続ける為次元を渡るセレス国の魔術師・ファイと知世姫に本当の強さを学ぶ為に次元を旅するように強制的に飛ばされた日本国の忍者・黒鋼の4人が、次元の魔女・侑子に対価を支払い借りたモコナと共に旅をする冒険活劇。

所々で、CLAMP歴代作品の人気キャラが登場する他、ヤングマガジンのxxxHOLiCとの話のリンク等、見所盛りだくさん!

少年誌向けに描かれているので、CLAMP独特の超展開も起こる度にきちんと解説がなされているので、CLAMP作品初心者にもオススメです。
CLAMP作品は、何でもいい人です。
CLAMP教が有ったら入ります。
信教宗教なみに活動しますね。

もう一つおすすめなのが、テニスサークル 漫画です。これは女子大生のテニスサークル部員が新歓コンパで犯されてしまう同人誌なんですが、大学サークルのヤリサーをネタにしたエロい内容が面白い作品です。

作者のチンジャオ娘さんの絵も上手くて色っぽく、萌えすぎずリアルすぎずな絵柄も多くの人が受け入れられそうな画風なんで、エロ同人に興味ある人は、一度立ち読みしてみるといいですよ。